News


石尾准教授の研究が河合塾の「みらいぶプラス」で紹介されました.

2019.12.07

理工系人材の裾野拡大などを目的として河合塾が作成し,運営しているWebサイト「みらいぶプラス」にて,本研究室所属の石尾隆准教授の研究が紹介されました.

コンピュータを狂わす脅威の「バグ」食物連鎖を食い止める!ソフトウェアの生態系研究
(みらいぶプラスの特集ページ)

バグの連鎖を防ぐために,ソフトウェアの利用関係を追跡,自分たちが利用しているソフトウェアがどこからやってきたのかを探し出し,バグの修正を受けるべきかを明らかにする技術の紹介です. また,この技術を用いてソフトウェアの利用関係図を「ソフトウェアの生態系」として可視化することにより,どのソフトがたくさんのソフトを支えているかを調べることができるようになります.

本研究はIPSJ-ONE2019(https://ipsj-one.org/2019/)で「ソフトウェアの生態系を探る」として講演も行っています. 講演はリンク先に動画がアーカイブされていますので,興味のある方はぜひこちらも御覧ください.

より詳しく知りたい方はぜひ「いつでも見学会」(https://naist-se.github.io/contents.html#itsudemo) をご利用ください.

ページのトップへ戻る