News


M2の成 泰鏞さんが情報処理学会ソフトウェア工学研究会より学生研究賞を受賞しました.

2022.03.12

2022年3月の第210回ソフトウェア工学研究発表会における,学生による研究発表のうち,優れた発表に対する表彰として, M2の成 泰鏞さんが学生研究賞を受賞しました.


受賞研究テーマ:実行トレースのマークル木を用いたプログラム変更前後の差分検出法の提案

本研究では,プログラム変更前後の実行トレースを比較し,変更前後で生じた動作の差分を検出する手法を提案した.実行トレースをマークル木に変換して比較することで,差分検出の高速化を達成した.

著者:成 泰鏞,石尾 隆,松本 健一

記事リンク:Award-Son

Son-award

ページのトップへ戻る